The World Will Tear Us Apart 『Let's Get Lost』制作ノート - 8.「September Song」

アルバム解説シリーズも終盤に差し掛かってまいりました。本日はアルバムの中でもシングル曲っぽさのある「September Song」についてです。

 

youtu.be

 

この曲はアルバムの中では比較的新しい(とはいえ5年ほど前の)曲です。谷井さんがコード+メロディのデモを持ってきて富永がビートとシンセのループを打ち込みました。(参照した元ネタの曲があった気がするけど思い出せません…。)きらびやかなシンセのウワモノとサイドチェインのかかったベースがこの曲のキャラクターを決定しています。

 

この曲は2015年の東京初ライブにて初披露されました。谷井さんのエモMCつき。この曲から Teenage Jesus and Casualties に繋がる流れはこのあとのライブでも何度かやっていて、アルバムの曲順でも(シームレスな繋ぎではないものの)踏襲しています。注意深く聴いていただくと富永のコーラスに共通のリズムが用いられていることに気づくかもしれません。

 

 

その後、1年後の9月に SoundCloud にて音源をリリースしています。こちらはサークルの部室でレコーディングしたヴァージョンです。この頃はほぼ Ableton live 付属のプラグインのみでミックスをやっていました。エレキギターはすべてライン録音+アンプシミュレータなのでアルバム版(アンプをマイク録り)と聴き比べていただくと面白いかもしれません。

イントロのギターでは押さえたフレットの12フレット上の位置に触れながらハーモニクスを鳴らすタッチ・ハーモニクスという地味なテクニックを用いています。これはポリスのアンディ・サマーズの影響です。 

 

 

 
アルバム版はトラック以外はすべて新録のヴァージョンとなっています。ハイハットの刻みを無くした代わりにギターのブラッシングとハンドクラップの音を加えてよりフィジカルな感じが増していると思います。生のハンドクラップとリズムマシンのハンドクラップがそれぞれイントロと間奏で別々に登場して、ラストサビで合流するところがミソです。(複数パターンのハンドクラップを同時に鳴らすアイデア欅坂46サイレントマジョリティー」についてTwitterかブログで誰かが言及しているのを見てアイデアのみ拝借しました。元ネタをちゃんと聴かずにパクる、それが俺のやり方…。)
イントロのブレイクでアコギにがっつりフィルターがかかるのは Avicii を意識しました。2020年に Avicii オマージュをやる味わい深さを感じてほしいです(?)(R.I.P. Avicii...)。
 
この曲での私のエレキギターは完全にU2芸人と化しています。西日本で最もジ・エッジに肉薄しているギタリストとしての自負があるのでトリビュート・バンドのお誘いなどお待ちしております。
↓2:43からのフレーズをまんま拝借しています。 
 
アコギによるコードストロークは谷井さんによるものですが谷井さんはこういうビート感のあるバッキングが非常に上手いです。
 
リリース後、Mabase Records 前田くんによるMVが公開されました。こちらからのオーダーとしては敢えて前田くんの得意としていた「高校生」や「海」といったモチーフから離れたものをお願いしたのですが、結果的に素晴らしいビデオを作ってもらえて本当に良かったです(最終的に琵琶湖に行きますが…笑)。キャスティングにも紆余曲折あり、最終的に colormalエナガくんとまさかの監督兼主演前田くんが友情コンビを演じて(?)くれました。関係性に萌えてください。Transit My Youth(一時期サポートギタリストをやっていた) のビデオなどでおなじみの湊川萌さんに撮影・演出で参加してもらえたのも嬉しかったです。
 
そして今年の9月にはオルタナティヴ・バージョンとして「September Song (automatic sessions)」がリリースされました。これは延期になってしまったレコ発京都編からライブに参加予定だったミチルさん(from Labit Room)をボーカル/トランペットに迎え制作した音源です。私はマンドリンを頑張り、ドラムはソフトウェア音源(BFD3)の打ち込みと富永が叩いた生音をミックスしています。automatic sessions というタイトルは Spotify Sessions に呼ばれないので勝手に自分たちでやろう、というコンセプトから来ています。TWWTUAは2020年11月現在、この曲を含むEPを鋭意製作中です。
 
 次回は Teenage Jesus and Casualties についてです。
 
 

The World Will Tear Us Apart 『Let's Get Lost』制作ノート - 7.「Let it Snow」

お久しぶりです。The World Will Tear Us Apart は先日、『Let’s Get Lost』収録曲「September Song」のオルタナティヴ・バージョンをリリースしました。本当は September Song の記事がリリースに間に合えばよかったのですがそうは上手くいかず… 今回は7曲目 Let It Snow についてです。

 

youtu.be

 

この曲もかなり古い曲でスリーピース編成時代(2011年頃?)から演奏している曲です。当初はポストロック的なアプローチを試みようとしていた気がします。例によってポストロックが何かはよく分かっていませんでした。

youtu.be

 

こちらはかなり現在のアレンジに近いバージョンですが生ドラム・エレキベースを演奏しています。(最近のライブではリズムとベースのトラックは富永がMacから流してます。)

youtu.be

 

この曲は2014年に Miles Apart Records のコンピレーション『Christmas Small Gift vol​.​2』に提供されました。(Homecomings や Superfriends も参加しているすばらしいコンピです。)Teenage Jesus and Casualties EP は有村くんのミックスだったので私ミックスの音源としてはこれがデビュー戦という感じです。ベースは谷井さんがエレキベースで和音を駆使したフレーズを弾いており、アルバム収録曲の中でも唯一エレキベースが使用されている曲になります。谷井さんは実はベースが一番上手いのですが、最近のテアアスではあまり出番がないので谷井さんのベースをたくさん聴きたい方は Fandaze や最近のなみのりを聴いてください。

アタックの遅い独特のキックの音はなんと座布団を畳の上に落下させた音を使用しています。(富永が大学のサークル棟の和室で録音しました。)

リズムギターは生活費のために手放してしまった12弦のアコースティックギターを使用しています。エレキとアコギをユニゾンさせたリードのサウンドもお気に入りです。

最大の見せ場は終盤の10トラック多重録音コーラスです。ダブリングなどをかけて人数感を増やしています。

 

 アルバム・バージョンでは大きなアレンジの変更はありませんが、ベースとリズムトラック以外はすべて新録です。谷井さんの弾くアコギのアルペジオが入ったことでよりきらびやかな感じになっています。エレキギターはコンピ版はすべてライン録音+アンプシミュレータ、アルバム版はすべてマイク録音なので聴き比べてみてください。なお、この曲に限らずアルバム収録曲の私のギターの空間系エフェクトはすべてDAW上でかけています。

 

この曲にはライブの来場者特典として作成した別バージョンが存在します。(アルバムの発売が延期になりライブに間に合わなくなってしまったため、お詫びの品として作成しました…笑)かなり良い感じなので Future No Future のリミックスと合わせてそのうち配信リリースできればなと考えています。

 

 次はお待ちかね(?)の September Song です。

 

The World Will Tear Us Apart 『Let's Get Lost』制作ノート - 6.「Future No Future」

のんびり続けてきたアルバム制作ノートも折り返し、6曲目の「Future No Future」です。

 

youtu.be

 

この曲も実は昔からある曲で、Sunday と同時期の2011年頃には存在していました。当時京都/大阪を中心にギターポップ/シューゲイザー周辺のシーンが盛り上がりを見せており、我々も(主に谷井さんが)その影響を受けていました。(Chelsea Girl ApartmentPastel Blue など… このあたりの経緯についてはEPリリース当時のインタビューが詳しいです。)同系統の「Yeah」という曲もあったと思います。

 

スリーピース編成、谷井さんボーカル時代のライブ。

 

 その後國府さんが加入してからはこの曲が唯一の國府さんボーカル曲となりました。アレンジ面での試行錯誤は続き This Charming Man っぽいモータウン風のリズムで演奏していた時期もあった気がします。しばらくセットリストに留まっていたものの、ライブが完全にドラムレス編成になってからはしばらく姿を消します。

 

時は流れ2016年、私が過去のライブ音源を聴き返していたところこの曲を再発見し、ドラムレス・ベースレスの編成でライブ演奏するためにデモを打ち込みました。『Let's Get Lost』収録曲のリズムトラックに関しては「S.O.S.」以外は基本的に富永が打ち込んでいるのですが、この曲のリズムとシンセベースのトラックは私が打ち込んだデモのものがほぼそのままアルバム・バージョンに採用されています。(曲の後半からは富永がトラックにディレイをかけて展開を作っています。)

 

リズムは満を持して(?)バンド名を回収すべく Joy Division を、シンセベースは Suicide をそれぞれ意識しています。「バンドっぽいサウンドをシンセとリズムマシンの音でやる」「ハイハット禁止」が個人的なテーマでした。

 

youtu.be

youtu.be

 

オリジナルバージョンの歌詞に Pixies へのオマージュ(「世界を騙せ」)があり、それに触発されてギターも Pixies のようなオルタナティヴ経由のサーフロックっぽいサウンドを目指しました。(アルバム版ではその箇所の歌詞は変更されてしまっていますが…。)

 

youtu.be

 

曲を通して鳴っているシンセのパッドっぽい音はギターのコードストロークDAW上でピッチシフトとリヴァーヴ、フィルターをかけて作っています。この手法はけっこう上手く行ったので HAPPYEND でも採用しています。

 

國府さんのヴォーカルはピッチのぶれが味でもあるので処理に悩んだのですが、ここではピッチ補正をしたトラックと処理前のトラックをミックスすることで疑似ダブリングっぽい効果を作っています。

 

2020年2月8日のリリースパーティ東京編では國府さんを含めた編成での演奏がひとまず最後ということもあり、特典音源としてこの曲のセルフ・リミックスバージョンを配布しました。こちらはライブでサポートも務めてくださった mukuchi を始めとする tiny pop 周辺のアーティストに影響を受けたアレンジになっています。

 

 

mikiki.tokyo.jp

 

(当初アルバムのマスタリングは tiny pop コンピレーションの監修もされている feather shuttles forever の hikaru yamada さんにお願いしていたのですが、バンド側の都合によりスケジュールが合わなくなってしまい最終的にリリースされたものは阿部利幸さんによるマスタリングとなっています。hikaru yamada さんがアルバムの中で気に入って下さった曲が Future No Future でした。本当に申し訳ないです…。)

 

次回は7曲目、 Let It Snow についてです。

 

The World Will Tear Us Apart 『Let's Get Lost』制作ノート - 5.「When She Sleeps」

本日は5曲目、The World Will Tear Us Apart のダーク・サイドを代表する1曲「When She Sleeps」について。

 

youtu.be

 

この曲は2012年頃、「こどもの国」の次に形になった曲です。当時の谷井さんのコンテンポラリーな R&B(とりわけ Rihanna)への心酔っぷりが強く反映されている曲だと思います。この頃のライブでは入場SEとして影響を受けたトラックを流すことが多くなり、When She Sleeps 初披露直前のライブではこの曲を流したりしていました。

youtu.be

 

セッションでの仮タイトルは「ケミストリー」。これは私が言い始めたような気もしますが、おそらくこの曲の2step的な刻みのことを指していたものと思われます。

youtu.be

 

当時のライブはラップトップ、シンセ2台、ギターの編成で、この頃から横一列に並ぶスタイルが基本になりました。

youtu.be

 

この曲も「こどもの国」同様ボツになったレコーディング・セッションがあり、仮ミックス版を SoundCloud で聴くことができます。こちらはアルバムバージョンよりもベッドルーム感が強い仕上がりになっています。イントロの忍び寄るようなSEは部室にあったシュレッダーのモーター音をサンプリングしていくつかのエフェクトをかけたもので、当時のプログレ精神の賜物です(?)この部分はアルバムバージョンでもそのまま採用しています。

 

アルバムバージョンではコーラス部分の主旋律が追加され、ヴァースの歌詞とメロディも変わっています。『Let's Get Lost』収録曲の歌詞には一人称がほぼ使われていないのですが、この曲にだけ「僕」が登場するのは何故か谷井さんに尋ねたところ敢えてそうしていると言われた記憶があります。(真相は本人の口から語られる…かもしれません。)

イントロのブレイク後から左チャンネルで鳴っているリバーブのかかったギターは谷井さんによるものです。こういったフレーズが入るだけでインディ感が一気に増すのでいつも感心してしまいます。(私は何でもスタジアム・ロックにしたがってしまうので…。)國府さんによるエレピのフレーズも印象的です。

ヴァース部分は谷井・富永、コーラス部分は谷井・國府のボーカルがそれぞれ対等に聴こえるようミックスしています。 The World Will Tear Us Apart は男女ツインボーカルと言われることが多いのですが、本当はトリプルボーカルバンドなのだという気持ちをミックスに込めています。

2:08ごろに入るカッティングは言うまでもなく「ラヴ・ストーリーは突然に」(Chill in the Rain の項を参照)。

間奏のゲートのかかったファズ・ギターは Fuzz Factory のコピーを使っています。私と富永は  高校時代から一緒にバンドをやっていたのですが、このエフェクターはそのときのベーシストだった吉田くんが自作してくれたものです。歴史が刻まれている…。

 

この曲は 「S.O.S.」 に続くアルバムからの先行リリース曲となり、アートワークも担当してくれた高石瑞希さんによるミュージック・ビデオが公開されています。高石さんのビデオは Ribet Townsベランダギリシャラブ などのビデオで見られるカラフルな紙芝居調のアニメーションが持ち味なのですが、ここでは写真をトレスした線画によるモノクロの映像で楽曲の持つダークな世界観が表現されています。私は2分20秒あたりの演出がハッとさせられて好きです。高石さんは我々以上に我々がどのようなバンドかを理解してくれている気がします。

www.mizukitakaishi.com

 

 次回は唯一の國府さんメインボーカル曲「Future No Future」です。

The World Will Tear Us Apart 『Let's Get Lost』制作ノート - 4.「こどもの国」

4曲目「こどもの国」について。

 

youtu.be7

 

この曲も Chill in the Rain 同様に2012年頃、ドラムレスの編成でループ中心の楽曲作りを試み始めていた時期に生まれた曲です。谷井さんがコードとベースラインのアイデアを持ってきて、富永がトラックを打ち込みました。仮タイトルは「アヴリル」(おそらくアヴリル・ラヴィーンから…)。

当時、インディR&Bやトラップという言葉は(少なくとも私は)知らず、この曲のことはダブステップと言っていた気がしますが、いま聴くと全然違うことが分かります…。漠然とスローなBPMと32分の刻み、サブベースが鳴っている曲というイメージでした。2012年時点で既にこのような楽曲を演奏していたことは驚きに価します(?)

この曲では私のギター演奏もループ主体の楽曲に合わせてミニマルな方向に向かっています。スライド・ギターを入れるアイデアは今となってはどのような経緯でそうなったかは思い出せないのですが、デジタルなビートに対してオーガニックなサウンドのミスマッチを狙ったものだったと思います。ブルースを感じさせないスライド・ギターは U2 の The Edge の影響が大きいです。ちなみにハワイアン~カントリー以外のスライド・ギターをブルースでないフィールドに持ち込んだ大物はジョージ・ハリスンと言われているらしいです。

youtu.be

 

2011~2012年頃の我々は北堀江 Club Vijon や 心斎橋 FANJ、中津 Vi-code など大阪のライヴハウスに出演することが増えていました。この映像は國府さんが microKORG XL でベースラインを弾いている初期の編成のものです。

youtu.be

 

ライブと並行して音源制作も進めており、当時は TJAC/Chill in the Rain/Sundayを「青盤」、こどもの国/When She Sleeps/HAPPYEND を「赤盤」としてリリースする案もあった気がします。結局TJACEPは配信でのリリースとなり、2nd EP の案はお蔵入りとなりました。

当時レコーディングした音源のラフ・ミックス・ヴァージョンは SoundCloud で聴くことができます。(サークル部室でのセルフ・レコーディングです。)

 

また、この曲にはアコースティックなアレンジの別バージョン(私によるセルフ・リミックス)が存在しており、所属サークルのコンピレーションアルバムに収録されました。

 

その後、アルバム制作が長引く中で2014年版のテイクはお蔵入りとなり、アルバム収録バージョンは2018年に STUDIO SIMPO で再レコーディングした素材を使用しています。アルバム版では元バージョンに加えて[August mix]のアコースティックな要素を加えたようなアレンジになっています。ラストのCメロは映画音楽のような壮大な感じを目指しました。

アルバム全体のサウンドとしては Rihanna をリファレンスとしていたのですが、どこまで迫れているでしょうか…。

youtu.be

 

アルバム『Let's Get Lost』が持つ、テン年代の総括的な空気の一端を担っている楽曲だと思います。

 

次回は5曲目「When She Sleeps」について。

 

 

Grant Green - Street of Dreams (1967)

Grant Green - Street of Dreams

 

youtu.be

 

 ジャズギタリスト、グラント・グリーンの1964年録音のリーダーアルバム。グラント・グリーンは後期のジャズファンク的な熱量のあるプレイも有名ですが、ここではかなりリラックスしたムードで演奏しています。

 演奏メンバーはヴィブラフォンにボビー・ハッチャーソン、ドラムにエルヴィン・ジョーンズという豪華さ。オルガンのコルトレーン(と呼ばれているらしいが、せやろか?とは思う)ことラリー・ヤングは私の大好きなオルガン奏者で、ジミー・スミスのようなブルージーさは控えめに、ふんわりミステリアスな空気を漂わせるプレイが持ち味です。

 グラント・グリーンは他にもラリー・ヤングといくつかのアルバムを録音しており、オルガン・トリオ編成(オルガン・ギター・ドラム)の『トーキン・アバウト』なども名盤です。オルガン・トリオはベースラインをオルガンが弾くのが独特の温かみを生んで何とも言えない良さがあるんですよね。

 ギター・ヴィブラフォン・オルガンというどちらかというとジャズの世界では脇役な楽器たちが集まって密やかに奏でる音楽、という趣がありとても愛おしいアルバムです。

 毎年暑くなってくると涼し気な雰囲気を求めてCD棚から引っ張り出してくる1枚でもあります。

 

---

1. I Wish You Love ☆おすすめ
2. Lazy Afternoon
3. Street of Dreams
4. Somewhere in the Night

---

Grant Green - guitar
Bobby Hutcherson - vibes
Larry Young - organ
Elvin Jones - drums

Label : Blue Note

Producer : Alfred Lion

The World Will Tear Us Apart 『Let's Get Lost』制作ノート - 3.「Chill in the Rain」

本日はアルバム3曲目、ツインボーカルの掛け合いが印象的な「Chill in the Rain 」について。

youtu.be

 

この曲は2012年頃、ドラムレスの編成で富永のトラックのループを軸にした楽曲作りを試み始めていた時期に生まれた曲です。(同時期の楽曲としては Teenage Jesus and Casualties・こどもの国があります。あとループ期に移行する前の過渡期に富永が Launchpad を叩いて演奏する Weekenders という曲もありました。)

この時期の楽曲は打ち込みを用いてはいるものの、ライブ演奏を前提にセッションでアレンジを組み立ているものが多いです。基本的にはドラムレス・ベースレスの編成で演奏していますが、一時期 ドラム・ベース+同期演奏を試していた時期もありました。

youtu.be

この曲も「Sunday」同様、2013年の『Teenage Jesus And Casualties EP』に収録されています。アルバム版よりもリズムトラックの音色がチープだったり、ベッドルーム感が強めです。

 

アルバム版では最近のライブ演奏に準じてトラックが全体的にソリッドな感じの音色になっています。イントロだけ寂しかったのでEP版と同じ音にスプリングリバーブをかけて入れています。

ギターは左右のチャンネルで掛け合いになっており、ブレイクのフレーズは左から右に流れていくようにパンのオートメーションを書いています。私がミックスでよく用いるテクニックにスレテオの片方のチャンネルにドライな音、反対側にリバーブ音を鳴らすというのがあって、ナチュラルな音像ではないのですが音の輪郭をぼかさないまま残響感を加えることが出来るので気に入っています。こういう音源でよく聴けますね。

ギター・プレイ的には説明不要の小田和正ラブ・ストーリーは突然に」やくるり「横濱ウィンナー」における佐橋佳幸氏のプレイからの影響が大きいです。私の中ではストラトといえば佐橋さんなんです。

youtu.be

youtu.be

サビのシンセは國府さんがパッド的な音色をアルペジエイターで鳴らしており、最初聴いたとき天才だと思った記憶があります。

アウトロはEP版ではフェードアウトですがこちらもライブ版に準じて最後まで収録されています。私と谷井さんがそれぞれ爆音で弾いたギターにシンセのノイズを加えています。

 

次回は4曲目、「こどもの国」について。