読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年に聴いた音楽

例によって2016年ベストアルバム!みたいなのをやるほど新譜を聴いていないので、2016年良かったと思う音楽を順不同で紹介します。

今年は例年にも増して知り合いのリリースが良かったです。

来年こそは我々も…。

 

Mitski - Puberty 2 

PUBERTY 2

PUBERTY 2

 

「思春期2」というタイトルが最高。「Your Best American Girl」 は2016年個人的ベストソングであり、結局のところ私はコンプレックスを昇華した詞とオルタナ的ギターサウンドが好きなんだなと実感させてくれた曲。「I Bet on Losing Dogs」なんかも、絶望的でありながら彼女らしい優しい目線が感じられて好きです。

 

松ノ葉楽団 - JOURNEY

JOURNEY

JOURNEY

 

飲酒系ラグタイムバンドこと松ノ葉楽団のセカンド・アルバム。ライブを見ていても京都の中堅バンドとしての貫禄がどんどん出てきてて、このまま長く愛されるバンドになるんだろうなと思っていた矢先、活動休止を発表。残念です。

新しい曲からライブで長らく演奏されてきた曲までカラフルな9曲が収録。ラストの「傾いた絵」は松葉さんの真骨頂であり普遍的な良さのある名曲。

 

WEEZER / WEEZER

ぼくは前作 『Everything Will Be Alright in the End』 が大好きで今作はそれほどでもないかなあと思っていたのですが、聞けば聞くほど好きになってきたアルバム。

 

Easy Yoke - Soft Laws 

Easy Yoke / Soft Laws | diskunion.net JAPANESE ROCK・POPS / INDIES ONLINE SHOP

京都を拠点に活動する ネオ・フォークバンド、Easy Yoke のファーストEP。京都にこんな壮大なサウンドを鳴らすバンドが居ること、もっと知られて欲しい。

 

しずくだうみ - 都市の周縁

都市の周縁

都市の周縁

 

ラグチューシャックのラストライブに出演してもらったり、 EPにギターで参加させてもらったりと親交のあるシンガーソングライターしずくだうみさんのファーストフルアルバム。踊ってみた、大喜利、アイドルのプロデュースなど活動は多岐にわたる(?)彼女ですが、このアルバムを聴けば何よりも「うた(=歌詞、メロディ、声)」を大切にしている人物であることが分かるはず。

瑞々しいバンドサウンドにアレンジされた「ぐるぐる」がお気に入り。

 

Fragile Flowers - Asylum Piece (-True End盤- / -Bad End盤-)

Tenkiame / Boyish 等のメンバーとして活動してきた中邑氏のソロ・プロジェクト。本作を構成する国内外の音楽・小説・ノベルゲームその他からの膨大な引用を追うことは僕には出来ないけれど、この作品に込められた切実さを感じることは容易い。

音楽性は違えど今作は中邑氏にとっての『金字塔』のような作品だと思っているので、これから『太陽』や『ERA』『100s』のような作品を作ってくれることを期待している。(今後はメンバーを迎え音楽ユニットとして活動していくようなので楽しみ。)

 

For Tracy Hyde - Film Bleu 

Film Bleu

Film Bleu

 

ヴォーカリストの脱退・加入など 紆余曲折を経てリリースされた For Tracy Hyde のファーストフルアルバム。宅録時代の良さを残しつつも、しっかりバンドとしての作品になっている点が素晴らしい。(とくにこのアルバムにおける Mav 氏のソングライター・ベーシストとしての貢献は見逃せない。)全曲名曲だけど、夏bot / Mav の共作による「あたたかくて甘い海」がお気に入り。

 

ArtTheaterGuild - 4AM MELLOW DIVERS

ArtTheaterGuild / 4AM MELLOW DIVERS(新装版) | HOLIDAY! RECORDS DISTRO 

The Pillows が脱オルタナを宣言した今、第3期ピロウズの精神を継承できるのは ArtTheaterGuild しかいない!(って言ってたんですがピロウズの次作はオルタナ回帰するみたいですね…。)山中さわお氏本人の耳に届いたばかりか、新たにミックスまでしてもらったという夢のような話、羨ましい。

 

--- 

 

思い出したら追記するかもしれません。みなさま良いお年を。